ホーム  交通アクセス  関連リンク  よくあるご質問  サイトマップ  卒業生・同窓会の部屋  お問い合わせ  幼稚園のページ

HOME > 特色 > 好奇心を刺激し、知力を伸ばす

好奇心を刺激し、知力を伸ばす

好奇心を刺激し、知力を伸ばす。そんなチャンスがたくさん待っています!

英語授業

〈英語指導のスペシャリストが担当〉
低学年は週2回、高学年は週3回の授業で、英語を学習。まずはコミュニケーションの第一歩である挨拶からはじめ、卒業までに自己表現できるレベルの英語力を目指します。早くからネイティブスピーカーの英語に親しめるため、無理なく「話す」「聴く」「書く」力を身につけることができます。

 

 

 

自然科学教育

〈食育・食農について学ぶ〉
食べ物の生産から調理までの体験教育を実施しています。その目的は、命の大切さを教え、環境への関心を芽生えさせること。これまでにも小麦や米、さつまいも、野菜を子どもたちが自分の手で栽培し、さらに収穫から調理までを実践してきました。
また、飼育動物へのえさやり、敷き藁(わら)の堆肥化、植物への施肥という一連の活動のなかで、命の循環を体感します。生活科・理科・総合の時間を利用した、本校独自の体験プログラムです。

 

〈環境教育〉

豊かな自然に触れ、その大切さを知る
21世紀は「環境の世紀」とも呼ばれています。このような時代を支えるにふさわしい、環境への関心を高め知識を深めることが大切です。そのために本校では、自然のすばらしさと環境保全の大切さを実感できる、さまざまな機会を用意しています。
また、東海大学海洋学部と連携し、専門の教授による楽しく、わかりやすい授業も行っています。


 

IT社会への対応

〈情報技術社会に羽ばたく準備を1年生から〉
情報技術社会に対応すべく、1 年生からいち早くコンピュータ教育を導入。楽しみながら、情報を自由に、そして正しく使いこなす力を身につけます。将来の目標は、IT社会で生き生きと活躍できる人材になること。総合の学習プログラムのひとつです。

 

 

 

伝統教育

〈日本人ならではの心と文化を身につける〉
日本人として自国の文化への理解・共感がなければ、国際社会のなかで活躍することはできません。そのために本校では、日本の伝統である毛筆や和楽器演奏を積極的に授業に取り入れています。
 

「みち」の授業について → 〈学ぶ〉みち

 

 

 

〈和太鼓〉
5・6年生になると、和太鼓の演奏を通じて伝統芸能に親しみます。毎年12月に行われるバンドフェスティバルでは、練習の成果をおそろいの法被姿で発表します。

 

 

 

 

 

クラブ・委員会活動

〈心と体のバランスを養う〉
各クラブは1年生から入部可能。教員の指導のもと、楽しく心と体を鍛えることができます。技術や知識の習得・向上はもちろん、他学年との交流のなかでよりよい人間関係の持ち方や、礼儀も学べる、絶好のステージです。また、委員会は4~6年生が、奉仕的精神を発揮して週1回の活動に取り組みます。

【クラブ活動】

※全学年自由参加。A活動から1つ、B活動から1つ選んで、2つのクラブに同時加入することができます。

Aクラブ
サッカー・ミニバスケットボール・ミュージック・チアリーダー

Bクラブ
美術・書道・英語・科学

【委員会活動】
児童会、放送委員会、図書委員会、飼育・栽培委員会、保健委員会、音楽委員会、情報委員