ホーム  交通アクセス  関連リンク  よくあるご質問  サイトマップ  卒業生・同窓会の部屋  お問い合わせ  幼稚園のページ

HOME > 特色 > スケールメリットを活かした教育

スケールメリットを活かした教育

大学の付属教育機関だからできる、驚きと発見の学びがあります。

体験型教育

大学をはじめとする関連施設を活用
東海大学発祥の地である三保において、東海大学海洋科学博物館の学芸員の協力により、子どもたちの不思議を解決するための学習が、繰り広げられています。

《活動紹介》

夜の水族館

ミズウオの解剖

プランクトンの観察

 

〈星の教室〉
毎年6月と11月に東海大学海洋学部天文研究会の学生が、本校児童・保護者の皆様を対象に「星の教室」を開催。毎回、子どもたちにもわかりやすく、楽しめる内容です。大学生も子どもたちの疑問に対して真剣に答えます。
〈洋上教室〉
東海大学海洋調査研修船『望星丸』での洋上教室が行われます。プランクトン観察、水深1,000m地点からの水温調査、カップ麺容器による水圧実験などを体験するほか、船内の研究施設も見学します。


中・高・大との連携

中学生によるクラブ指導をはじめ、バンドフェスティバルでの中高校生のサポート、大学の先生方による出張授業などの交流を通して、学園の帰属意識を高めつつ心も身体も大きく育っていきます。

《各種活動紹介》

特別授業の様子① / 特別授業の様子②

高校生との連携① / 高校生との連携②

陶芸教室

美術展共同制作

 

知的財産教育

知的財産権の大切さを知り、創造力を育成する
互いの違いを尊重し合える豊かな心の育成は、日々の授業の中で取り組まれているものです。これらは創造的な活動を通して、個々人のもつアイディアの違いに気づき尊重し合うことで培われます。知的財産教育は東海大学の学園全体が一丸となって取り組んでいます。