ホーム  交通アクセス  関連リンク  よくあるご質問  サイトマップ  卒業生・同窓会の部屋  お問い合わせ  幼稚園のページ

HOME > 学ぶ > 英語

英語

学習指導要領改訂により、小学校5・6年生に外国語活動が新設されました。これに先駆け、本校では設立時(1966年)より小学校の学校設定科目として英語教育に取り組んでいます。公立小学校の外国語の活動時間は70時間(5・6年生のみ)ですが、本校の英語の授業時間は510時間(6年間)に及びます。これにより、子どもたちは無理なく、楽しみながら多くの時間を英語に親しみ、英語でもコミュニケーションができるようになります。本年度から、5・6年生を対象にTOEFL Primary step1の受験(2年間で3回)をします。リスニングパートでは、60%の受験児童がCEFR A2を獲得しています。

※2015年度以前:5・6年生は全員が「英検 Jr.(旧 児童英検)」を受験しました。6年生は9割が最高グレード(Gold)で平均正答率80%の高スコアでした。

英語学習を通して、自己表現をできるようにするとともに、違いを認める心を育て、コミュニケーションを通して国際化する社会で活躍できる未来のグローバル人材のタマゴが育っています。

教員紹介

高橋 佑未子 エイドリーン・レッドベター 川端 多恵
     

☆本校の英語教育、ここがすごい!☆

① TOEFL Primaryに挑戦!(5・6年生)
 

②1週間の感動体験 in Hawaii
『身につけた英語で自分のことを伝えよう!』・『東海大学の仲間と一緒に学ぼう!』・『異文化に触れよう!』の3つのねらいのもと、2014年度から1週間の研修がスタート!見て・聴いて・触って・食べて・・・英語だけでなく、異文化体験から真のグローバル人材への第一歩を踏み出しましょう!2泊3日のホームステイでさらに英語力アップ!

 ※2014年度の様子はこちらへ!

③なんと8倍!・・・「公立小学校と本校の時間数の差」
○公立小学校:5・6年生で週1時間(50分授業)
○本校   :1~3年生は週2時間、4~6年生は週3時間
(そのうち1時間は日本人英語教員と外国人英語教員で行う授業)
6年間で換算すると・・・
○公立小学校:3,150分間
○本校   :25,000分間 
☆英語のシャワーをいっぱい浴びよう!

④2文→22文!・・・「学習内容積み上げ型のカリキュラム」
たとえば、『自己紹介』!
1年生ではたった2文
6年生では20文
☆定期的に何度も同じことを繰り返し学習が、子ども達の英語力につながります!

⑤キャッチボール vs ドッジボール・・・「英語はコミュニケーションの道具」
○創作寸劇
○スピーチプレゼンテーション
○本の朗読発表
○ポスター発表
☆どれも、仲間と協力しながら作りあげる学習スタイル。会話のキャッチボールができて、初めてコミュニケーションが成立します。単に英語が流ちょうに話せるだけでは、会話のドッジボールになりかねません。

⑥"4 rules of speech"・・・「発表の4つのルール」
スピーチやプレゼンテーションを行う際に、4つのことに気をつけています。1年生の時から、合い言葉は"Speak clearly!  Speak loudly!  Speak smilingly!  Eye contact!" 6年間のカリキュラムには多くのスピーチ・寸劇・プレゼンテーションが盛り込まれています。小学校時代に発表のルールを身につけましょう。

                                                                           

⑦Hop-Step-Jump!・・・「4技能(話す・聴く・書く・読む)のホップ・ステップ・ジャンプ!」

○低学年:「話す・聴く」
○中学年:「話す・聴く」+「書く」
○高学年:「話す・聴く」+「書く」+「読む」+「プレゼンテーション」


☆卒業する頃には、様々なトピックでプレゼンテーションをする能力を身につけます。この3ステップを踏むことが、今後の英語学習の素地を作ります!


●低学年『五感を使って楽しく学ぶ』
1年:自己紹介(2文)・身の回りの英語・絵本など
2年:自己紹介(6文)・学校紹介をしよう・絵本など

●中学年『話す・聴く・書く・読む活動の基礎を培おう』
3年:自己紹介(9文)・日常会話劇・時間割・道案内など
4年:自己紹介(17文)・将来の夢ミニプレゼンテーション・電話・ショッピングなど

●高学年『プレゼンテーションを通して自信を身につける』
5年:自己紹介(22文)・日常会話劇・日本紹介クイズ・世界の国をプレゼンテーション・環境問題をテーマに劇発表など
6年:修学旅行の感想文(100語程度)作成とプレゼンテーション・文構成(中学文法入門)
未来の私のプレゼンテーション・NIE教育(Newspaper In Education:新聞を用いた英語教育)


♪どの学年でも大切にしているのは、意思疎通・協調性・自己表現力・相手の気持ちを推察する能力を育むこと。本校の英語教育には、英語を通して世界の人々と会話のキャッチボールを重ね、よりよい社会を築く人材を育てるエッセンスがいっぱいです。これは、本校に英語が導入されるときに東海大学創設者の松前重義博士が心から願ったことでもあります。


 

☆『東海』だからできる行事、盛りだくさん!☆

●一貫教育活動
☆ハワイ英語研修旅行☆
ハワイ州オアフ島にある『ハワイ東海インターナショナルカレッジ(略称:HTIC)』を拠点に、1週間の研修旅行に行きます(4年生以上・希望者のみ)。滞在中は、HTIC講師による英会話・ハワイ大学での学生さんインタビュー・有名講師によるフラレッスン・ポリネシアカルチャーセンター・ショッピング実習など・・・期間中、盛りだくさんのアクティビティを通して、英語学習だけでなく、異文化体験をします!

※本年度の旅行費用:約25万円(航空券・交通費・ESTA申請費・旅行保険・現地滞在費(HTICでの宿泊・食事・光熱費)・雑費・手配手数料) <注>おみやげ代・外食代・パスポート申請料・旅行の準備にかかる雑費・通信費は含まれません。

☆翔洋中等部との連携授業☆
『中学校へのかけはし』と題して、中学校の先生が週に1度授業に来てくれます。文構造を学んだり、自分で英作文に挑戦したり、作った作文をスピーチしたりしながら、英語の4技能を鍛えます。基本的に6年生クラスで実施するので、中学校で学ぶことも少し先取りで、安心して中学校英語をスタートできます。

☆学校訪問☆
東海大学の清水キャンパス(東海大学海洋学部、翔洋高校・中等部)にお勤めの外国人の先生方や海外からのお客様が本校にお見えになります。突然の訪問でも、子ども達は元気に”Hello!”とお客様に挨拶ができます。

●国際交流
☆外国人留学生との交流☆
3年生~6年生対象で、『国際ことば学院』の学生さんと文化交流を行います。中学年は日本の遊びを紹介し、高学年では日本文化クイズを行います。留学生の皆さんからは、自国の言葉・歌・ジェスチャー・遊びなどを教えていただきます。

●英検Jr.(旧 児童英検) ※本年度からはTOEFL Primaryの受験となります。
☆正答率は全グレードで全国平均以上!☆
4~6年生対象で日本英語検定協会主催の『英検Jr.』(受験グレードはGold, Silver, Bronzeと3レベル)を受験しています。スコアは%で表示され、全グレードにおいて平均正答率は全国平均を上回っています。

Gold:84%(全国75%)
Silver:85%(全国84%)
Bronze:91%(全国85%)   ※2015年度実績

英検Jr.ホームページ http://www.eiken.or.jp/jr_step/

 

 

英語の部屋

2018.10.06 英語の朝学 October
2018.09.15 英語の朝学 Start!
2018.09.15 ハワイ英語研修報告会
2018.07.27 【英語(1年)】1学期の様子
2018.07.17 【英語】北海道修学旅行 英語プレゼンテーション